自然素材×高耐震住宅

自然素材×高耐震住宅
安心を保証する全棟構造計算

耐震性と素材の関係とは?

阪神淡路大震災で
218棟の建物全てが

全半壊ゼロ。

地震に強い家の基準とは?

やはり家を建てるなら
地震の不安がない住宅がいい…
と思いませんか?

では、地震に強い家の基準とは?

耐震基準は過去の地震によって変わる

新潟地震(M7.5)
地盤の液状化現象
十勝沖地震(M7.2)
都市直下型地震
建築基準法施行令改定
基礎の再強化
宮城県沖地震(M7.4)
窓ガラスの被害
建築基準法施行令改定
壁量の再強化
兵庫南部地震(M7.2)
北海道南西沖地震(M7.8)
津波による被害/RC柱のせん断破壊
建設省住指発令第176号
土台の緊結、継手・仕口の緊結、防蟻処理
建設省告示第1352号・1460号
軸組設置基準、継手および仕口の構造方法

今の基準は本当に安全か…

気象庁HPより

木造住宅

震度5弱

耐震性の低い建物では、壁などに亀裂が生じることもある。

震度5強

耐震性の低い建物では、壁や柱が破損し、傾くものも。

震度6弱

耐震性の低い建物では、倒壊するものも。
耐震性の高い建物でも壁や柱に破損も。

震度6強

耐震性の低い建物では、倒壊するものが多い。
耐震性の高い建物でも壁や柱がかなり破損。

震度7

耐震性の高い建物でも傾いたり、大きく破損するものがある。

震度6を越えてくると
現在の基準でも建物が破損し傾く
可能性がある。

耐震基準から耐震等級へ

耐震基準から耐震等級へ

耐震基準よりも強い耐震等級とは

住宅性能表示基準の耐震等級

建築基準法の1.5倍の建物強さ
数百年に1度程度発生する地震力の1.50倍の力に対して破壊・崩壊しない程度。
建築基準法の1.25倍の建物強さ
数百年に1度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して破壊・崩壊しない程度。
建築基準法レベルの建物強さ
数百年に1度程度発生する地震力に対して破壊・崩壊しない程度。

耐震等級が高ければ安心ですが、その等級の判定基準が重要です

耐震等級の判定基準
「簡易計算」によって判定されます。
つまり『簡易計算』が今の基準になっています。

簡易計算では、
本当に安全を保証してくれるものではありません

確認申請は最低限の基準の確認であり、必ずしも安全を保証してくれるものではない。
建物の安全性はそれを設計する建築士が責任を持って確保する事が前提の簡易計算ではなく、構造計算をした場合、必要な壁量が20%以上足りなかった事例もある。

なぜ簡易計算になってしまうの?

それは…

建築コストをおさえるため

必要なのは構造計算

必要なのは構造計算

構造計算が本当に必要か?

建物の材料の強さが、台風や地震に負けないかを計算します。

また、建物自体と建物内に置く物など(建物+積載物+特殊荷重)の重さを計算し、建物にかかる重さが力としてどのように伝わり、その力に耐えられるかを調べます。
つまり、一つひとつ違う家の形とそれぞれの家族にあわせて、本当に安全なのかを調べることです。

マンション杭打ち工事のデータ改ざん問題により
住宅購入に受けた影響

  • 建物の構造や基礎の部分のつくりを
    気にするようになった

  • 分譲時の売主や
    施工会社を重視するようになった

  • 当面様子を見ることにした

  • 購入を検討する物件種別(マンションor
    戸建・新築or中古)などを変えた

  • その他

構造計算による3つのメリット

何か計算と聞いて、いろいろ面倒くさい制限がかかりそう
と思われる方もいるかもしれませんが、
実は構造計算にはさまざまなメリットがあります。

  1. 根拠のある安全性
  2. プランニングの自由度のアップ
  3. 無駄な部材のカットによるコストダウン

根拠のある安全性

設計士の経験と勘だけではなく、
数字的な根拠が加わるため、
より安心感のある住宅に住むことができます。

プランニングの自由度アップ

本当に必要な壁や柱が分かるため、
本来必要のない壁や柱を造る必要性がありません。
安全性を確保しながら、
より理想に近い家づくりをすることができます。

無駄な部材のカットによるコストダウン

家の構造上、本当に必要なものが分かるため、必要のない
場所に不要なものを使用することがなくなります。
そのため、本当に必要なものだけに
お金をかけることができます。

ヤマヒサの家作り〜ヤマヒサの4つの強み

ヤマヒサの家づくり

ヤマヒサの4つの強み

全棟構造計算

すべての住宅に対して構造計算を行い、安全で安心できる住宅を提供しています。
阪神淡路大震災で218棟の建物全てが全半壊ゼロ。
社内検査と外部検査機関及び行政の3重チェックを行い、基礎配筋・基礎強度・建て方・木完・竣工までトータル112項目の厳しいチェックを行います。これからも安心と安全な住宅を提供してまいります。

阪神大震災による「ヤマヒサの家」の被害状況

地震に強い自然素材〜ヒノキ〜

匠 乾太郎

岡山産、樹齢60年の美作檜を独自の乾燥技術により、含水率15%以下を実現!
背割れが無く集成材をしのぐ強度を達成。
日本の伝統建築にも多く使われている檜の柱、ここに無垢の最高峰が誕生しました。

ヒノキは地震に強い

ヒノキの強度は、伐採後徐々に上がり、200年を過ぎた頃から、非常に緩やかにさがります。千葉大学名誉教授小原博士の研究では左記のような報告がなされています。
古の建築から、日本の気候風土に合わせ、耐久性と強度、調達性を考えると、ヒノキを使わざるを得なかったでしょう。

例えば、築1300年を越える法隆寺は、現存する世界最古の木造建築物と言われています。その主材はヒノキで、幾度も修復されてはいるものの、構造躯体はすべて創建当時の檜であり、どれも樹齢千年以上のものだということがわかっています。

豊富な施工実績

大阪の梅田で創業して42年余り。
新築6,000棟と、
リフォーム72万件の実績。

金物工法

HSフレームシステム

HSフレームシステムの基本構法では、接合金物が木材内部に収まり、木造建築物本来の美しさを損ないません。また接合部の断面欠損を最小限にすることで、接合部強度を大幅に向上、従来の木造軸組み構法の1.5倍の強度を実現しています。

ヤマヒサの家ご相談窓口

ご相談窓口

所在地
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル4F
営業時間
午前10時〜午後6時
定休日
水曜日
必須内容
必須ご希望の日時
必須参加人数
必須お名前
必須フリガナ
必須電話番号
必須E-mail
必須E-mail(確認用)
必須コメント

個人情報保護方針」に関する事項について、ご同意される方は「同意する」にチェックして、送信してください。

カラコルホームページはこちら
Copyright (C) 2016 YAMAHISA CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED